ビジネスニュース 2024年01月20日13:05

ベトテル、2023年の連結売上高が70億ドルを達成

ベトナム最大の通信事業者であるベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は、1月12日に同社の2023年の連結売上高を発表した。

ベトテル、2023年の連結売上高が70億ドルを達成

2023年のベトテルの連結売上高は172兆5000億ドンに達し、70億米ドル以上に相当する。2022年と比較すると、同社の連結売上高は5.4%増加した。

しかし、ベトテルは2023年の利益に関する情報を発表していない。2022年、同社は過去5年間で最高の利益を達成し、税引前利益は43兆5000億ドンを超えた。

モバイル通信分野では、ベトテルは56%以上の市場シェアでトップの地位を維持している。同社はテストのために全国に500近い5Gステーションを設置している。さらに、インターネット回線サービス(FTTH)でも43%の市場シェア、マルチプラットフォーム・テレビでも31%以上の市場シェアでリードしている。

ベトテルの国際収入は20%以上伸びており、特にハイチ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、東ティモール、ブルンジを含む6つの市場でトップを占めている。

さらに、2023年には、ベトテルはハードウェアとソフトウェアの両方を含む5G製品エコシステムの大規模な研究、製造、テストも完了した。同社は、5Gエコシステムの最も複雑なコンポーネントであり、毎秒最大1兆回の計算能力を持つ5G DFEチップの開発に成功した。

ベトテルは2024年に連結売上高を7.2%増加させるとともに、投資収益率を84%として海外投資の効率化を継続することを目標としている。同社はまた、2024年9月までにすべての2G加入者を4Gに移行させる計画で、ベトナムと中国を結ぶ鉄道輸送ルートの実現も目標としている。

VnExpress / Translator: Hoang Giang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。