製造業ニュース 2023年08月28日04:27

中国の電動二輪車ヤディア、 北部バクザン省に1億ドルの工場計画発表

中国の電動二輪車ヤディア(雅迪集団=Yadea Group)はベトナム北部バクザン省に工場新設計画を発表した。生産ラインは射出成形、塗装、溶接、組立てまで一貫生産体制を整える。

中国の電動二輪車ヤディア、 北部バクザン省に1億ドルの工場計画発表

ベトナム進出3年後、ヤディアは10万台目の電動二輪を出荷した。それは同社の主力モデルの一つである「Voltguard」で、バクザン省クアンチャウ工場で組み立てられた。

10万台目の出荷記念式を機に、事業拡大計画を表明した。同社は1億ドルを投じて、今年第4四半期に、バクザン省タンフン工業団地に新工場を着工する予定だ。同工場は、面積が同社の既存施設の約5倍になる23ヘクタールで、年間生産能力200万台、2025年から稼働開始する見込み。

新規生産拠点の生産ラインは射出成形、塗装、溶接、組立てまで一貫生産体制を整える。さらに、電源システムやシャーシ構造、材料、バッテリーの研究開発センターも併設される。

市場調査会社のフロスト&サリバンによると、ヤディアは2017年から6年間連続世界で最も売れた電動二輪ブランドとなる。これまで、100か国・地域における4万の小売業者ネットワークを通じ、7000 万超の顧客に製品・サービスを提供してきた。

現在、ベトナム市場で、同社の手強い競争相手はベトナム国産EVメーカーのビンファスト(VinFast)だ。ビンファストの製品は価格的に高めの設定となる一方、比較的優れた電動モーターを搭載し、バッテリーレンタルサービスを提供するため初期コストを抑える効果ももたらす。

Dân trí / Translator: Thùy Trang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。