製造業ニュース 2023年04月17日01:30

ベトナムの2023年第1四半期の鉱工業生産:多くの主要産業が減退

2023年第1四半期の鉱工業生産の結果は、主要産業、特に製造・加工業の重要な指標が低下し、ここ10年来、最も「暗い」見通しになったと言える。世界経済の減速が鮮明になり、国内の受注生産量および輸出売上高が減少したことが主な要因だ。製造・加工企業の38.5%が、2023年第1四半期は2022年第4四半期よりも厳しいと述べた。

ベトナムの2023年第1四半期の鉱工業生産:多くの主要産業が減退

ベトナム統計総局が発表した最新のデータによると、2023年第1四半期の業界全体の付加価値は、前年同期に比べて0.82%減少した。そのうち、加工・製造業は0.37%減で経済全体の成長率に対して0.1ポイントの低下、電力生産・配電は0.32%減で0.01% ポイントの低下、鉱業は5.6%減で0.2ポイントの低下となった。

多くの主要産業が減退

鉱工業指数(IIP)については、ベトナム統計総局が報告したデータによると、2023 年第1四半期は前年同期比で2.2%減少した。1月は11.1%減、2月は7.2%増、 3 月は1.6%減だったことで、2022年第1四半期の6.8%の増加よりもはるかに低くなっている。

その中で、鉱業は4.4%減(前年同期は2.8%増)で0.7%ポイントの低下、加工・製造部門は2.4%減(同7.3%増)1.6ポイントの低下、電力生産・配電産業は1%減 (同8% 増)で0.1ポイントの低下だった。水道業界のうち、廃棄物・廃水の管理と処理活動は7.8%増加し (同1.4%増)、0.1%ポイントの上昇に貢献した。

また、同データをみると、多くの主要工業製品が2023年第1四半期に減少したことがわかる。自動車は17.8%減、棒鋼・形鋼は15.8%減、二輪車は13.8%減、携帯電話部品は13.4%減、天然繊維と携帯電話は共に13.1%減、アパレルは10.2%減、セメントは9.9%減、尿素肥料は6.3%減、天然ガスは6.1%減となった。これらの主要製品の減少は、今年第1四半期の業界全体のIIPと付加価値に影響を与えた。

さらに心配なのは、生産が減少しただけでなく、業界全体の消費指数も減少したことである。 2023年第1四半期の加工・製造業全体の消費指数は、2022年同期比2.9%減だった(2022年は2021年同期比6.6%増)。これにより、2023年3月31日時点の加工・製造業全体の在庫は、前月同期比4.4%増、前年同期比19.8%増となる。2022年は2021年同期に比べ17.7%増にとどまったため、企業の生産効率と経営効率が大きく影響を受けていることがわかる。

2023年第1四半期の鉱工業生産は、生産受注の減少により多くの困難に直面した

(出所:ベトナム統計総局)

2022年第4四半期と比較した2023年第1四半期の製造・加工企業の経営動向に関する調査結果によると、38.5%の企業が厳しいと評価している。受注量が減少した企業は39.7%、新規の輸出受注量が減少した企業は40.1%となった。

一方、2023年第1四半期の全国の地方における工業生産の状況に関するレポートは、前年同期と比べて48の地方で生産量が増加し、15の地方で減少したことを明確に示している。一部の地域では、製造・加工業の伸びにより鉱工業指数(IIP)が大幅に上昇した。具体的には、カオバン省26.8%増、トゥエンクアン省22.6%増、ハイフォン市14.8%増、クアンニン省13.6%増、ハイズオン省12.5%増、ナムディン省12.3%増、ダクラク省、バクリエウ省、フーイエン省は合わせて11.6% 増、バクザン省とキエンザン省はそれぞれ10.9%増となった。電力生産・配電産業の生産指数が高い地域では、ハウザン省は286.1%増、タイビン省55.7%増、クアンチ省37%増、 カマウ省33.7%増など。

逆に、一部の地域では、製造・加工業の減少により、鉱工業指数(IIP)が低下していることが示されている。バクニン省18.8%減、ビンロン省16.5%減、ソクチャン省15.6% 減、ビンフック省8.1%減など。電力生産・配電産業の生産指数が減少した地域では、ニンビン省31.8%減、チャビン省 29.3%減、ハザン省24.9%減、カオバン省21.9%減、ハイフォン市減だった。鉱業生産指数が低下した地域では、ソクチャン省87%減、ドンタップ省50.6%減、ビンフック省は48.7%減など。

国内市場と海外市場の影響

ベトナム統計総局は、2023 の第1四半期の鉱工業生産の減速の原因を説明し、この問題は、世界の燃料価格が上昇していること、高インフレが依然として存在することなどの外的要因によるものであると述べた。供給連鎖の寸断や景気後退の兆しを見せている世界経済は、ベトナムの製造業者にも波及し、新規受注と輸出の両方が減少している。これらの要因により、ベトナムからの輸入需要が激減し、企業の生産や事業が縮小している。

材料費や金利が上昇し、収益が減少したため、企業は事業規模を縮小する傾向にある。輸出の減少、需要の減少、民間投資の減少、公共投資の支出の減速など、成長の原動力はすべて減少している。政府はインフレとの闘い、金融政策の引き締め、ローン金利の上昇を優先している。企業は輸出市場の多様化と拡大を試みてきたが、世界経済の衰退を前に依然として困難な状況が続くとみられる。

VnEconomy / Translator: Minh Ngọc / Proofreader: Aiko Mihara
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。