製造業ニュース 2024年01月30日23:49

韓国KPエアロ、ダナンで航空機部品工場を着工

航空宇宙大手のボーイングのパートナーである韓国・KPエアロは30日、ベトナム中部ダナンで航空機部品工場の起工式を挙行した。

韓国KPエアロ、ダナンで航空機部品工場を着工

30日、航空宇宙大手のボーイングやエアバスのパートナーである韓国・KPエアロは、ダナン・ハイテクパークで航空機部品工場の起工式を挙行した。これはロシア航空機大手UACによるプロジェクトに次ぐ、ダナン・ハイテクパークにおける2件目の航空宇宙関連投資となる。

同工場はボーイング787型機およびボーイング737 MAX型機向けの補助動力装置ドア(APU Door)、主翼ボックス(Wingbox)、ウイングレット(Winglet)、フラップなどの航空機部品の組立・製造を行う。

投資総額は2000万ドルに達する。2024年9月に建設完了、約500人の新規雇用を創出する見込みだ。

2023年、ダナン・ハイテクパークの管理委員会は19件の新規投資案件に投資証明書を授与。投資総額は合計2億5860万ドルとなる。これまで、ダナン市は累計で総額34億1300万ドルの新規投資案件526件を承認してきた。

2024年、ダナン・ハイテクパークは資本金合計2億ドルの3件以上の投資プロジェクトを誘致するという目標を設定している。特に、航空宇宙技術、半導体製造および高品質ヘルスケアの3つの分野に焦点を当て、投資誘致を促進していく。

Báo Đầu Tư / Translator: Thùy Trang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。