ビジネスニュース 2023年12月28日23:51

23年のFDI認可額、前年比32.1%増 実行額は記録的水準に

世界の不景気が進んでいる中、2023年の対ベトナム海外直接投資(FDI)は366億1000万ドルに達し、22年比32.1%増と大幅に伸びた。

23年のFDI認可額、前年比32.1%増 実行額は記録的水準に

ベトナム計画投資省によると、12月20日時点まで、対ベトナム海外直接投資は32.1%増の366億1000万ドルを計上した。この急増の原因として、下半期からFDI誘致が好調に転じたことが指摘されている。特に、FDI実行額は22年比3.5%増の231億8000万ドルを超え、記録的水準となっている。

新規認可案件数と登録投資額はそれぞれ前年比56.6%増の3188件、62.2%増の201億9000万ドルに達した。増資件数と追加投資額は1261件と78億8000万ドルで、前年比14%増と22.1%減となる。

外国人投資家による拠出資本・株式購入は件数が3.2%減の3451件にとどまったものの、投資総額は65.7%増の85億ドルにのぼった。

新規投資認可額の急増はベトナムが魅力的な投資先であることを示している。一方で、追加投資額は引き続き減少傾向にあるとはいえ、減少幅が縮小している。海外投資家はベトナムの長期的な投資環境に対する期待が高まっている。

地域別では、FDI誘致でトップ10位にランクインしたのはホーチミン市、ハイフォン市、クアンニン省、バクザン省、タイビン省、ハノイ、バクニン省、ゲアン省、ビンズオン省、ドンナイ省が挙げられる。これらの10省・市は合わせて新規認可案件数全体の78.6%、新規投資認可額全体の約74.4%を占めている。

部門別では、海外投資家は18国家経済部門(全体21部門あり)に投資を行っている。加工・製造業への投資額は前年比39.9%増の235億ドル超で、FDI総額の約64.2%を占める。第2位にある不動産事業は同4.8%増の46億7000万ドルを誘致し、FDI総額の12.7%強を占める。

国別では、シンガポールからの投資額は前年比5.4%増の68億ドルで、対ベトナムFDI総額の18.6%に及んでいる。第2位に、日本投資家は約65億7000万ドルの投資を行い、前年比37.3%増、対ベトナムFDI総額の17.9%超を占めている。次は香港、中国、韓国、台湾などが挙げられている。2023年、ベトナムは111か国・地域から投資を受け入れてきた。

VnEconomy / Translator: Thùy Trang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。