製造業ニュース 2024年02月26日06:01

航空機エンジン製造のハンファ、売上高1.4億ドル突破 6000万ドル増資計画

ベトナムにおける初の航空機エンジンメーカーの韓国ハンファは24年、当初計画より4割増産し、売上高を17%成長させる見通し。

航空機エンジン製造のハンファ、売上高1.4億ドル突破 6000万ドル増資計画

韓国の航空機エンジンメーカーであるハンファ・エアロスペース(Hanwha Aerospace)は2017年、ホアラック・ハイテクパークに投資総額2億ドルの航空機エンジン製造工場を建設すると発表した。これはベトナムにおける初の航空機エンジン製造工場となる。当工場は2018年に第1フェーズが完成し、稼働開始した。19年10月、建設の第2フェーズに着工し、22年に建設完了。

2月16日、ハノイ市人民委員会委員長の訪問を機に、同社は6000万ドルの増資計画を表明した。23年、同社は1億4000万ドルの売上高を突破した。24年、当初計画より4割増産し、売上高も17%成長させる見通し。

1952年に創立されたハンファ―グループは韓国の火薬大手だ。現在、航空宇宙業界、再生可能エネルギー業界および金融・小売業界という3つの分野に手がけている。韓国国内に80カ所の支社、世界各地に469カ所の拠点を構えている。23年、当グループは総売上高が653億ドルを、総資産が1800億ドル近くを記録し、フォーチュン・グローバル500ランキングで296位にランクインしている。

ハンファ―グループ傘下のハンファ・エアロスペースは航空機エンジンや部品の製造に事業展開している。航空機エンジン製造分野の最大手3社であるGE、プラット&ホイットニーおよびロールス・ロイスの主要パートナーである他、韓国国防省向けのミサイル部品も製造している。

ハンファ―グループは2009年からベトナムに進出し、金融・保険サービスで認知度が高い。航空機エンジン製造工場以外に、南部ロンアン省における総額1億ドルの太陽光発電所や、北部バクニン省における総額1億ドルのセキュリティー機器製造工場等のプロジェクトも展開している。

CafeF / Translator: Thùy Trang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。