製造業ニュース 2024年01月25日23:48

バイオマス発電大手イーレックス、中部ビンディン省に発電所開設

日本のバイオマス発電大手イーレックス(Erex)はベトナム南中部のビンディン省に出力50MWのバイオマス発電所を開設する計画。

バイオマス発電大手イーレックス、中部ビンディン省に発電所開設

日本のバイオマス発電大手イーレックス(Erex)はビンディン省に総額1億101万ドルのバイオマス発電所を建設する計画を発表した。

当発電所の敷地面積は約15~20ヘクタールで、出力が50MW(メガワット)、年間発電量が約2億9640万kWhに達する見込み。発電設備にはストーカ式ボイラーや蒸気タービン等を採用する。

2027年までに建設および機械設備の設置が完了し、2030年から本格稼働を開始する予定だ。

東京に本社を置くエレックスはバイオマス発電分野で30年の実績を持ち、現在、総出力約300MWのバイオマス発電所5基を運転している。ベトナムでは、北部イエンバイ省や南部ハウザン省にもバイオマス発電所建設プロジェクトを手がけている。

tài chính doanh nghiệp / Translator: Thùy Trang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。