ビジネスニュース 2024年05月04日03:23

4月の新規設立企業1万5300社、前年同期比4.1%減

統計総局によると、2024年4月、全国で新たに設立された企業は1万5300社、登録資本金は175兆8000億ドンとなった。この数字は2023年の同時期と比較して、企業数では4.1%減少したが、登録資本金では13.7%増加した。

4月の新規設立企業1万5300社、前年同期比4.1%減

2024年4月に1万5300社が新たに市場に参入したことで、2024年1~4月の新設企業総数は5万1550社を超え、過去2年間の平均を上回り、これまでの最高水準に達した。

経済分野別では、2024年1~4月の農林水産業の新設は507社で前年同期比1.2%増、工業・建設業は1万2500社で同4%増、サービス業は3万8600社で同3.2%増となっている。

1社当たりの平均登録資本金は増加したものの、2019~2022年の平均水準である128億ドンには戻っていない。これは、企業が生産や事業活動への投資に依然として慎重であることを示している。

2024年4月にも8300社が事業を再開し、2023年同期と比較して13.6%減少した。また、2024年1~4月に事業を再開した企業数は2万9700社となり、前年同期比2.4%増加した。

2024年1~4月期の新規設立・事業再開企業総数は8万1300社となり、前年同期比で3%増加した。平均すると、毎月の新規設立・事業再開企業は約2万300社である。

市場から撤退した企業数について、統計総局によると、2024年4月の一時休業した企業は7600社以上(前月比84.1%増、2023年同期比6.4%増)。また、解散手続き中の企業は4650社以上(同6.5%減、同20.2%減)、解散した企業は1340社以上、(同4.8%減、同10.9%減で)。

2024年1~4月期、一時休業した企業は6万900社で前年同期比21.9%増、解散手続き中の企業は1万9100社で同9%減、解散した企業は6400社で同4.9%増だった。月平均で2万1600社が市場から撤退している。

このように、市場からの撤退企業数は、新設・事業再開の企業数を依然として上回っている。

VnEconomy / Translator: Hoang Giang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。