ビジネスニュース 2024年02月06日21:15

ベトナムのキムロン・モーターズ、寝台バスの発売を発表

2月3日、トゥアティエン・フエ省のチャンメイ・ランコー経済区におけるキムロン・モーターズ製造組立複合施設で、キムロン・モーターズ社(Kim Long Motors Hue Joint Stock Company)は同社の「キムロン・モビライン(Kim Long Mobiline)」のバスのモデルを発表した。

ベトナムのキムロン・モーターズ、寝台バスの発売を発表

キムロン・モビラインバスは、キムロン・モーターズ社が研究・開発・製造されている22~36人乗りの寝台バスで、スタンダード、デラックス、ラグジュアリーの3つのバージョンがある。

発表会では、キムロン・モーターズ社はまた、FUTA Bus Lines社、Ha Son Transport Company社、Tan Phat Dat Company社の3つのパートナーと契約を締結した。契約によると、キムロン・モーターズ社は2024年の第1四半期に300台のバスをパートナーに提供。最初の19台のバスの引き渡しは製品発表会の直後に行われた。

キムロン・モーターズ社は2018年に設立され、自動車製造・組立・販売、自動車部品製造、工業団地インフラ事業の3つの分野で事業を展開している。

同社はトゥアティエン・フエ省チャンメイ・ランコー経済区に位置する自動車部品製造・自動車製造と組立を行っているキムロン・モーターズ製造組立複合施設の投資家でもある。同施設は投資総額が4兆4,000億ドンを超え、土地面積が約164ヘクタールである。年産能力は約10万8800台。そのうち、第1段階が乗用車の生産・組立で約6,800台/年、第2段階がトラックの生産・組立で約2,000台/年(自動車部品・スペアパーツの製造もあり)、第3段階が4~7人乗り自動車の生産・組立で約10万台/年である。

VnEconomy / Translator : Hoang Giang
シェア

今すぐ登録すると、さらに詳細な情報が閲覧できます。